竺仙 絹紅梅 亀 | 反物 藍 夏着物 レディース夏きもの

竺仙 絹紅梅 亀 | 反物 藍 夏着物 レディース夏きもの

竺仙 絹紅梅小紋 反物 亀 | 絹紅梅 藍 着物 きもの 夏きもの 浴衣 ゆかた 絹 レディース 女 女性 6月 7月 8月 9月 | 通販 横浜 元町 神奈川 呉服店 和服 着物 販売 おべべほほほ

 ■ 竺仙(ちくせん)の夏着物 絹紅梅についての概要

竺仙の絹紅梅は、浴衣の次の夏着物(夏物・薄物)として大人気!
本当に素敵な絹紅梅です。
明るい色ももちろんイイですが、透け感のあるシックな紺が、上品で涼しさを演出してくれます。
浴衣とは違った魅力を出してくれるなつの着物。
夏の一日、セミの鳴く中、日傘をさした涼しげな日本美人を想像して下さい。
今年の夏も暑くなりそうです!

初夏と盛夏にお召しいただけます
絹紅梅をお召しいただける季節は、初夏と盛夏。
6月、7月、8月が最適です。
9月は季節の後追いになるので、初旬位までが良いかも知れません。

清涼感ある着姿に
その特徴は涼感。
ご自身の涼しい着心地はもちろんのこと、他の人からもさわやかに見えるキモノです。
基本は女性(レディース)用ですが、竺仙のディスプレーでは実験的に男性用(メンズ(MENS))に仕立てて飾ってありました。
これがまたイイ!
女性はすっきりとした夏美人、男性はさわやかな夏男(着物男子)となってお出かけしましょう。

普段着の着物です。
絹紅梅はあくまでも普段着の着物
夏のお買い物や、お茶、お花の稽古、また、浴衣(ゆかた)がわりに花火大会や縁日(夏祭り)に出かければ、注目度もグンとアップします。

反物からのお仕立てで大きいサイズ、小さいサイズもOK
反物からのお誂え(あつらえ)の和服です。
おべべほほほは、呉服通販専門店!(実店舗での販売もやってます)
評判の良いお仕立てに自信があります。(しかも送料無料)
フルオーダーなので、トールサイズ、プチサイズも対応可能。
また、衿の形や、居敷当て、スマート仕立て等々、なんでもご相談下さい。

 ■ 竺仙(ちくせん)の夏着物 絹紅梅の素材、寸法など

製造者竺仙
素材細糸 絹100%
太糸(格子) 綿100%
長さ12m
36cm
その他
 ■ 弊社で絹紅梅をご購入いただいたお客様の声です。
(実店舗でご購入いただいたお客様のお声も含んでいます。)
■川崎市 女性
夏物の着物を初めて誂えました。
暑い日には着ないと、今まで持っていなかったのですが、初めて浴衣以外の着物に袖を通しました。
なんかいいものですね。
着物って素敵です。

■京都府 女性
とても満足しています。
色といい、素材といい申し分ありません。
次は、帯です!

■横浜市 女性
今年は、着物を着よう。と考えているうちに夏になってしまいました。
初めての着物として、夏物を選んだのは、随分冒険でしたが、洋服でも、浴衣でも無い装いに、背筋が伸びる思いです。
順番が逆になってしまったようですが、次は、袷の紬でも誂えてみようと思います。

 ■ 専門店だからこそのサービス
おべべほほほは、呉服専門店です。!
「専門店だからこそ」の、きめ細かいサービスがウリなんです。
例えば、こちら!
  •  お仕立したお着物は、全て、たとう紙、風呂敷に包んでお手元にお届けします。

  •  寸法の測り方がよくわからなくても、身長や体型から標準的なサイズを算出いたします。
  •  呉服問屋との長年の信頼関係により、良いお品が格安でご提供出来ます。
 ■ その他、ご購入にあたって
お申し込み方法 お仕立や、お仕立込みの商品をご注文の際は、手続きを実施いただく際、寸法記入欄が表示されますので、お客様の寸法をご記入下さい。
わかる範囲で結構です。
(寸法記入欄は、ご購入の内容に関わらず表示されます。お客様の寸法が必要ない商品をご購入の際は、未入力で結構です。)
お仕立てについて 当該商品は、基本反物のみとなっております。
お仕立てが必要な場合は、有料オプションからお仕立て有をご選択ください。
ご利用下さい。
オプションの選択について ■お仕立ての有無について
  • 実施(国内手縫い)
  • 実施しない(反物で納品)

■衿について
  • 広衿(正絹絽の裏襟をお付けします。衿裏代サービスです。)
  • ばち衿
  • 棒衿(男性用は、こちらをお選び下さい。)

■居敷あて・セブセについて

居敷当てはすべりの良い薄地のキュプラ素材を、内揚げから下、大きくあてます。
生地代として+1000円必要となります。
居敷当てはアイボリーとなります。若干の色に影響いたします。

セブセは表の色に合わせますが、全く同じ色にはならない可能性がございます。
ご了承ください。
  • 居敷当て(+1000円)
  • セブセ(+500円)
  • 不要
    居敷当て・セブセ無しの場合は、背縫いは補強してお仕立ていたします。
居敷当ては透け防止ではなく、補強の為とお考え下さい。
補強の為には、居敷当てはあった方が良いですが、一方で生地一枚つくことによる暑さ、重さ、および、表生地との縮率の違い等もあります。
どこに重きを置くかでご検討下さい。