RODDIO ロッディオ ハイブリッドUT/フブキハイブリッド h400・h350

RODDIO ロッディオ ハイブリッドUT/フブキハイブリッド h400・h350

誰もがやさしく飛ばせるハイブリッド



■ヘッド

「RODDIO HYBIRID UT HEAD」は、開発の第一目標を「絶対的な飛距離性能」、第二目標を「究極のチューニング性能」とし、それらを達成するために、精度の高いCNC加工を駆使して製造された独自のハイブリッド構造を持つ超高性能・高精度ユーティリティヘッドです。

■シャフト

先端部にアモルファスCFを採用しロングアイアンの操作性とFWの球の上がりやすさを両立するハイブリッド専用シャフト。

「RODDIO HYBRID UT HEAD」は、開発の第一目標を「絶対的な飛距離性能」、第二目標を「究極のチューニング性能」とし、それらを達成するために、精度の高いCNC加工を駆使して製造された独自のハイブリッド構造を持つ超高性能・高精度ユーティリティヘッドです。 適度な深さとより低く設計された重心位置により、飛距離性能は無論のこと、打ちやすさや操作性も兼ね備え、さらには様々なゴルファーのニーズに対応できるチューニング機能を搭載した、まさにロッディオの真骨頂とも言うべきヘッドパーツに仕上がりました






誰もがやさしく飛ばせる


低比重のチタン製本体と高比重のステンレス製ソールパーツが高精度なCNC加工により複合化れた独特なハイブリッド構造により、「高い反発性能」や「低いスイートスポット」、「深めの重心」といった飛距離に必要な要素すべてをハイレベルな次元で設計されています。
すべての番手が同じ感覚で操作できる

ステンレス製ソールがもたらす機能はヘッド単体の低重心化が得られることのみにとどまりません。 ソールパーツ内面の4か所の凹部ポートの肉厚が番手ごとに適正な厚さで設計されているため、セット内におけるフェースターンのタイミングが統一化されています。結果、どの番手も共通の操作性が得られます。
ヤング率の低いフェース素材(15-3-3-3チタン合金)の使用や、そのエージング(熱処理)等、ソフトな打球フィーリングを得るための従来手法に加えて、ヘッド本体とソールパーツの勘合構造についても高精度を追求することで、厚みのある心地良い打球フィーリングを提供します。
1.スクリューにはステンレス製の他に、チタン製、タングステン製の3種類の重量があります。スクリューの装着箇所は、ヘッド本体とソールパーツを結合する3箇所の他に、ソールパーツ内面中央にも装着できる専用ポートが1箇所あるため、併せて4箇所において3種類の重量のスクリューを自在に組み合わせてチューニングすることが可能です。

2.ホーゼルには重量の重いステンレス製と軽いアルミニウム製の2種類から選択できます。それらの選択により重心の高さや重心距離のチューニングが可能となります。3.それぞれの重量のホーゼルにはさらに可変ホーゼルを選択することができます。可変ホーゼルを選択した場合は、ロフト角&フェース 角およびライ角のチューニングが可能となりす
   
表示 U2 U3U4 U5
ロフト角 18° 21°24° 27°
ライ角58°58.5°59°59.5°
素材 ボディ:6-4チタン フェース:15-3-3-3チタン ソール:ステンレス合金
スクリュー:ステンレス合金 ホーゼル:ステンレス合金







品名 Fubukiフブキ h400 Fubukiフブキ h350
フレックス S/X R/S
重量 78/80g 68/70g
トルク 2.9 3.2
K.P