RomaRo ロマロ Ray V ドライバー/ワクチンコンポGR560【カスタム・ゴルフクラブ】

RomaRo ロマロ Ray V ドライバー/ワクチンコンポGR560【カスタム・ゴルフクラブ】

ロマロ史上最強の弾道へ




■ヘッド
ゴルファーの感覚を刺激するロマロイズム。
より濃くなり、より深くなる
ロマロブランドが世に浸透するきっかけとなった、初代Rayシリーズ、あれから5年。プロ、アマチュアが認めたロングセラーモデルはRay Vシリーズとして生まれ変わった。ゴルファーの感覚を刺激するロマロイズムと共にさらなる「強さを」備えて始動する。

■シャフト
ワクチンコンポの特徴は、『飛ばし』に必要なあらゆる要素を徹底的に分析、試作テストを何度も繰り返し、試行錯誤の中でたどりついた結論、それが振り子設計でした。この独自設計の発見により、スイングの精度と初速が高まり、飛躍的な飛距離アップを可能にしました。
img src="https://image.rakuten.co.jp/amzgolf/cabinet/img/romaro_logo.gif">




高初速ボールを生む、 飛びの3ピース構造

ロマロ独自のチタンカップフェース+ボディという構造をベースに、クラウン部に薄肉の鍛造チタンを採用した3ピース構造。薄くなったクラウンの余剰重量をソール周辺部に配置することで、より低い重心と広いスイートエリアを獲得。カップフェースとボティが生み出す高い反発力は、効率よくボールに伝えられ、高初速ボールの強い弾道を実現。ディープな力強いカタチの中に、やさしさを秘めた高性能ドライバー。

弾飛距離を伸ばす高打出角、適正スピン。デュアル・フォース・ポケット

ソール前方(フェース側)に2本の溝を設けることで、最適な重心位置とインパクトパワーを集約。3ピース構造によるクラウンの撓みとの相乗効果で、 最適な打ち出しとスピン量で、飛距離の伸びる安定した弾道を可能にした。

ミスに強く高い反発力をもつ、 鍛造カップフェース

フェースセンターと周辺の肉厚を変化させる独自の可変硬化フェース。打点のバラつきにも高い反発力が得られ、ミスヒットの許容範囲を拡大。鍛造チタンの心地よい弾き感と安定した飛距離性能に貢献。

顔の良さに、打ちやすさと安心感を兼ね備えるヘッド形状

シリーズ中、最もフェース高が大きいディープフェースで、高強弾道をイメージしやすい形状。シャローバックにすることで、460cm3のヘッド体積を感じさせないシャープな印象で、難し過ぎず、やさし過ぎない安心感を演出しています。



ロフト角 10°
体積 460cm3
ライ角 59°
FA ±0±0
素材・製法 フェース:TVCチタン、鍛造カップフェース
クラウン:15-3-3-3チタン 鍛造
ボディ:6-4チタン精密鋳造(3ピース構造)










 
硬さの比較
GR560 S SR R R2
GR77 SR R R2 R3


GR77の比較
  S SR R R2
GR77 73.5 73.5 72.5 71.5
GR350 65 63 61 60
軽量率(%) 13.1 16.7 18.8 19.1
飛距離換算 7Y 9Y 10Y 11Y




品名 ワクチンコンポ GR560
ヘッドスピード32~35 36~3940~43 44~46 47~49 50~54
フレックスR2 R SR S SX X
重量 60g 61g 63g 65g 66g 68g
トルク 5.5 5 4.5 4
K.P 先中
振動数 200 212 225 240 258 277