シナ縄編み 手提げバッグ02

シナ縄編み 手提げバッグ02

鶴岡市関川地区にてシナの縄で編まれた手提げバッグです。

新潟と山形の県境、鶴岡市関川地区には、しなの木の皮の繊維を糸にして織る「しな織」の伝統が受け継がれ、温海地域を代表する伝統工芸品になっています。
すべての工程が手作業で行われる貴重な糸を撚り合わせた縄は、ざっくりとした手触りと落ち着きのある風合いで、長く使用するほどなじんでくるのが特徴です。

【外寸サイズ】
底 縦 約14cm 横 約28cm 高さ 約24cm (取っ手含み 約40cm) 重さ 約320g

※一点一点手作りのため、多少のサイズ違いがございます。
※天然の素材の為、多少の外皮の皮の剥がれ、歪みなど写真では解りにくい部分がある場合もございますのでご購入の際にはその点もご理解お願致します。