相良刺繍 袋帯 「蒋雪英」特選刺繍袋帯 唐花文(ブルー系)/白鼠地(薄緑) 辻梅帯地 手刺繍 お洒落帯

相良刺繍 袋帯 「蒋雪英」特選刺繍袋帯 唐花文(ブルー系)/白鼠地(薄緑) 辻梅帯地 手刺繍 お洒落帯

工芸大使【蒋雪英】工房の美しい相良刺繍帯【送料無料】

商品詳細情報

素材絹 100%
長さ4m35cm
30.5cm
お太鼓柄
着用時期10月~5月の袷時期
TPO結婚式、お茶会、パーティ、観劇、音楽会、コンサート、同窓会、など
合わせる着物訪問着、付下げ、色無地、小紋、紬訪問着など
関連商品お洒落用袋帯一覧

セミフォーマル用袋帯一覧
備考欄 未仕立て品につき、お仕立ては別途ご注文くださいませ。



お仕立て前に、商品を実際に手にとって確認できます。
下記「お仕立て前の確認」で「確認する」を選択くださいませ。
返送送料は、お客様ご負担とさせていただきます。


◆お仕立てについて
こちらの商品は未仕立て品です。 御使用頂くには芯入れ本仕立てが必要です。

芯は、「綿芯」「絹芯」がございます。
こちらは、「綿芯」がおすすめです。

違いについては、こちら↓
帯芯について


袋帯の仕立ての場合、
タレ先のほうにある帯の織り出し線を 出してお仕立てする『関西仕立て』と、
織り出し線を隠して 見えないように仕立てる『関東仕立て』がございます。

こちらは、織り出し線がないため、「関東仕立て」になります。

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。↓
「関西仕立て」と「関東仕立て」について


当店で袋帯のお仕立てをご要望される場合はこちらより↓





パールトーン加工(撥水加工)も承っております。
袋帯・パールトーン加工



加工を施す商品(お仕立て品)に関しましては、代金引換はご遠慮いただいております。
また、お仕立て前確認(商品下見)をされる場合にも、代金引換はご遠慮いただいております。(⇒お仕立て前確認とは?

工芸大使【蒋雪英】特選相良刺繍袋帯 唐花文(ブルー系)/白鼠地(薄緑)

圧倒される刺繍美
 刺繍の大家「蒋雪英」の世界

きもの 和<なごみ>セレクトの相良刺繍袋帯~

きもの 和<なごみ>セレクト、美しい相良刺繍の袋帯。知る人ぞ知る、中国、蘇州の刺繍の大家『蒋雪英(しょうせつえい)』工房による刺繍帯です。 この美しい刺繍美に圧倒されます。
「蒋雪英」氏は、中国の工芸藝術大使、日本で言うところの人間国宝に認定されています。 蘇州刺繍の技術を日本の呉服に初めて活用したことでも有名です。刺繍界における最高技術者として、中国で刺繍に携わる1万人の長として、 現在も活躍し、技術指導を行い後継者養成に努めています。
こちらの帯は、ワンランク上、髪の毛ような細い糸で刺繍が施されています。 本当に細い糸のため、クルンと丸まった相良刺繍独特の結び玉がかなり小さく、虫眼鏡で見ないと見えないくらい小さな点です。 その点が集まり線となり、美しい模様が表現されています。
精緻で重厚な刺繍は、遠目からも存在感があります。 モダンでスタイリッシュな模様、そしてシンプルな色使いのイマドキ感も魅力です。
帯地にもこだわり、薄っすらと緑みを帯びた白鼠地、細かな地紋入りの帯地です。
軽めの訪問着や、モダンな付下げ、色無地、小紋、紬訪問着など、幅広くお使いいただけます。 あまり市場には出回らないお品ものですので、是非どうぞ。店長ケイコが自信をもっておすすめできる逸品です。




細かな地紋入りの帯地。こちらの帯は、西陣織「辻梅」さんの帯地使用。薄っすらと緑みを帯びた淡いグレー地。
帯地の地色にピッタリのブルーグリーン系の相良刺繍が映え立ちます。




帯地の裏を見ていただくとわかる通り、緑の糸が使用されているため、薄っすらと緑みを帯びた地色。
見る角度により、淡いグレー地に見えたり、緑みを帯びたお色に見えたりします。とってもオシャレ。






一針一針、職人さんの手による手刺繍。相良刺繍は生地の裏から糸を抜き出して結び玉を作り、これを連ねて模様を描いていく技法です。 非常に技術と時間を要しますが、とじ糸がなく糸が引っかからないのでどの刺繍よりも丈夫です。
こちらの相良刺繍は、ワンランク上の更に細かな相良刺繍。比べるとわかりますが、かなり細い糸での刺繍のため、クルンと丸まった 結び玉が非常に小さいのが特徴。手刺繍による味わい深さ、奥深さが帯としての存在感を放ちます。
クルンと丸まった刺繍がとても可愛らしい雰囲気を醸し出します。
ブルーや青緑、グレーとシックなイマドキの色合いもポイントです。






前(腹)の部分です。別腹となっており、二タイプの柄が楽しめます。







淡い緑の付下げとコーディネート。

コーディネートの付下げは、こちら→

コーディネートの帯揚げは、こちら→

コーディネートの帯締めは、こちら→

コーディネートの草履は、こちら→

コーディネートのバッグは、こちら→

スタイリッシュな帯ですので、パーティーなどのオヨバレやお食事会、観劇などにおすすめです。