Kanata カウチンセーター|カナタ社・カナダ製|KA10003z DEER(鹿)|デニム|メンズ|ウール100%(ピュアヴァージンウール)|フルオープン|YKK製シングル・ジップアップ(YKK Zipper)10mm|長袖

Kanata カウチンセーター|カナタ社・カナダ製|KA10003z DEER(鹿)|デニム|メンズ|ウール100%(ピュアヴァージンウール)|フルオープン|YKK製シングル・ジップアップ(YKK Zipper)10mm|長袖

●KANATA社(カナタ)/カナダ製<34(XS)~44(2XL)> 大人の遊び着 カウチン セーター ニット
ギフト対応



【ジッパーについて(ご注意)】

このモデルは前あわせのジッパーが10MMのシングル・ジップアップ仕様となりますので、ご注意ください。



DEER KA10003z(カウチンジャケット)
素 材毛糸の種類:ウール100%(Wool100%)
ヤーン6プライヤーン(6PLY)/6本撚り
タイプカウチンセーター/フルオープン/長袖
前あわせ◎YKK製シングルジップアップ(YKK Zipper)
このモデルは前あわせのジッパーが10MMのシングル・ジップアップ仕様となりますので、ご注意ください。
◎KANATAラベルの引き手(kanata zipper pull)

◎10mm(閉じた状態での金属部分の巾)
サイズ34/36/38/40/42/44
カラーデニム
品 番ka10003z-denim
縫 製カナダ製/ハンドクラフト(手編み)
ブランドカナタ(KANATA社)
入荷時期2015.11.02


◎洗濯表示
ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルエ チレンまたは石油系のものを使用してください。塩素系漂白剤による漂白ができません。
水洗いはできません。
<お洗濯の取扱い注意>
・ウール100%の製品となりますので、専門のクリーニング店にお出し頂くことをおすすめします。
・メーカー指定の洗濯方法はドライクリーニングのみとなっております。(水洗い不可となっています。)
・ドライクリーニングの場合は、多少脂分が抜けると思います。(どの程度なのかはクリーニング屋さんの技術的なことになりますので詳しいことは申し上げられません。)
・水洗いを行った場合はドライクリーニングよりも脂分は落ちないと思いますが、クタッとした仕上りになります。(メーカー指定は水洗い不可となっています。)


◎カラーバリエーション

◎デザインモチーフ
DEER(鹿)

◎6プライヤーン(6PLY)/6本撚り
カナダ製のカウチンセーターで一番よく使われる毛糸(レギュラーヤーン)です。店頭に並んでいるカウチンセーターは、この毛糸を使用したモデルがスタンダードとなります。太さはヴィンテージヤーンと同じく極太で、ザックリとした毛糸です。

◎カウチンヤーン(シェットランドヤーン)
本来、シェットランドヤーンとは、スコットランドのシェットランド諸島に生息する羊からとれるウールのヤーン(紡ぎ糸)のことです。ただ、生産量が少なく、非常に高級なため、最近ではシェットランド島以外の羊からとったウールでも、太くて荒い上質なウールをシェットランドと称しています。ざっくりと編みこまれたローゲージニット(カウチンセーター)をシェットランドセーターと呼ぶこともあります。カウチンヤーンは、その名の通りカウチンセーターのヤーン(紡ぎ糸)ですが、撚りのない6本の糸を束ねて1本の太い糸にして、編みこまれています。針に糸をかけて編みこんでいくうちに自然と撚りがかかってきますが、撚りがない糸は少し強めに引くとスゥーと切れやすいことも特徴のひとつです。

◎ジッパー(ファスナー)タイプの特徴
ジップアップタイプのカウチンセーターは、実は上級者向きのスタイルになります。メイプルボタンや角ボタンを使用したスタイルのほうが、一見するとネイティブな雰囲気があるので好まれるように感じてしまします。本来、伝統的なカウチンセーターは、筒編みのセーターの前身ごろをハサミでざっくりと切り離し、そこにファスナーを縫い付けるという実にシンプルな手法で編まれています。ヴィンテージのカウチンセーターには、ファスナー部分の毛糸が切られたようになっているものがあるのは、このためですね。ただし、ジップアップタイプには、ジッパーの開閉時に糸を巻き込んで引っかかってしまうというデメリットともとれる特徴があります。その場合は、その部分をカットするより方法はありません。洗濯すると毛糸が締まり多少改善する場合もありますが、着込むほどにフェルト状になるヴァージンウールの特徴を考えるとあまり期待できません。とは言え、現代のカウチンセーターは、前身ごろをハサミで切るといった伝統的な手法で編まれたものではないので、コツさえつかめば大丈夫かと思います。ポイントは、ジッパーを開閉するときにジッパーの部分を折るように山(前に出す感じ)にしてスライダーを上下すると糸を巻き込みにくくなります。また、ロウソクの蝋(ろう)をジッパーのエレメント(務歯・むし)と呼ばれる左右の歯の噛み合わせ部分に塗り込んでおくと比較的スムーズに開閉することができるので、定期的なメンテナンスをおすすめします。このジップアップの特徴をストレスと感じる方にはボタンタイプ、本格的な防寒着ということであればプルオーバー(被りタイプ)のスタイルをおすすめしますが、伝統的なカウチンセーターの雰囲気を味わいたいという方には、ジップアップタイプのカウチンセーターを一枚は持っていて欲しいですね。


北アメリカに生息する鹿の仲間で最も小さい鹿がモチーフ
カナダで見られる鹿の仲間は、ヘラジカ(ムース)、ワピチ(エルク)、トナカイ(カリブー)、オジロジカなどがいます。大きさもまったく違い、ヘラジカから順番にヘラジカ >オジロジカとなり、ヘラジカはオジロジカより倍近く体が大きい巨大な鹿です。カウチンセーターのモチーフでは鹿の種類までは区別されることがあまりなく、ディア(DEER)や鹿と表現されます。実はカウチンセーターのモチーフではさまざまな鹿が表現させていて、カナディアンセーターのこのモデルはオジロジカがモチーフとなっています。オジロジカの名前は尾の裏側が白いことに由来し、危険を感じると尾をあげて白い部分をみせて左右に振ります。北アメリカに生息する鹿の仲間で最も小さい鹿です。





北アメリカのバンクーバー島に住むセリッシュ・ネイティブインディアン
通称カウチン族が作り続けてきた伝統的アイテム「カウチンセーター」


カナダのバンクーバー島に住むセリッシュ・ネイティブインディアン通称カウチン族に由来する「カウチン」。狩猟文化を反映した自然に関する文様、特に動物と幾何学的なデザインを組み合わせたものが、白やグレー系をベースにした太い毛糸で編み込まれています。毛糸は肉厚のウールを使用していて、もちろんハンドメイドで編み上げています。

狩猟の際の作業着として用いられたため、通常使用されているウールは、厚地で丈夫に作られており、本来羊毛がもつ油脂成分(ラノリン)を含んでいるので撥水性と防寒性も高く重量感があります。 そして着用するにつれて毛糸がフェルト状になり保温性が増すことが特徴です。

現在は、カウチン族の伝統工芸として広く知られていますが、元は19世紀初頭にスコットランド人からカウチン族に編み物の技術が伝えられ、その技術と古くから伝わる芸術的な要素が融合することで、独特のデザインを持つカウチンセーターとなりました。

※KANATA社は1979年にカナダのバンクーバーに設立されたカウチンセーターの老舗ブランドです。

◎入荷枚数が少なく、ご希望数量をご提供できない可能性が高くなっています。