FINAL ファイナル D8000 Pro Edition Silver FI-D8PPALS [ハイレゾ対応] (FID8PPALS)

FINAL ファイナル D8000 Pro Edition Silver FI-D8PPALS [ハイレゾ対応] (FID8PPALS)

・平面磁界型の繊細な高域とダイナミック型の量感と解放感のある低域の両立
平面磁界型の繊細な高域とダイナミック型の量感と開放感のある低域の両立によって、D8000を使うと、聞きなれた音楽から新たな発見があり、お気に入りの音楽を次ーに聞き直したくなります。高い音質が、音楽の深いところに触れるきっかけになることを実感できる製品です。

・新開発「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」を再チューニング
従来の平面磁界型ドライバーユニットには、振幅が大きくなる低域で振動版がマグネットに接触する問題がありました。
それを解決するために、「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」という新しい振動版の制動技術を確立しました。これにより振動版がマグネットに接触する問題を解決し、通気性のあるイヤーパッドと併せて、優れたダイナミック型でしか表現できなかった、量感と開放感を併せ持った低域の再生を可能にしました。
D8000 Pro Editionでは、「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」を録音のプロの使用状況に合わせて再チューニングを施した新たな製品です。聴取音量が大きくなるにつれ、低域が聴こえやすくなるという人間の聴覚特性にも配慮した新たなチューニングの結果、
ダイナミックレンジの広い「クラシック音楽」などの聴取を得意としていた「D8000」に対し、「D8000 Pro Edition」はダイナミックレンジの狭い「POPS」や「ロック」などを聴取する際に、より解像感が高いと感じられる音質となりました。

・ウルトラスエードを採用の新開発開放型イヤーパッド
密閉型はもちろん、オープン型と呼ばれているヘッドホンでも、多くはイヤーパッド内を密閉することで、ドライバーユニットが本来再生できない低域まで、特性上の再生周波数を伸ばしています。
しかし、音源が持つ本来の自然な広がりのある質の高い低域の表現のためには、ドライバーユニット自身に低域まで再生できる能力があり、その上で密閉度が低く、通気性のあるイヤーパッドを使う必要がありますが、
従来のすべての平面磁界型や一般的なダイナミック型の多くは、密閉度の低いイヤーパッドでは、低域が不足してしまいます。
D8000 Pro Editionでは、AFDSによって低域の再生帯域を延ばすことが出来たため、ドライバーユニットの能力だけで、密閉度の低いイヤーパッドでも十分な低域の再生が可能になっています。
この音質に大きな影響を与えるイヤーパッドには、肌触りと肌触りの良さと耐久性を重視して、肌に触れる部分に東レのウルトラスエードを採用。D8000 Pro Editionの為に新たに開発いたしました。

・新開発着脱式ケーブル
D8000用にケーブルを新開発。D8000標準のOFCケーブル 3.5mmミニプラグ(1.5m)に加えて、OFCシルバーコートケーブル 6.3mm標準プラグ(3m)の二種類を同梱しています。

・D8000専用ヘッドホンケース
持ち運びに便利な専用キャリーケースを同梱しています。
録音のプロ向けのチューニングを施した平面磁界型ヘッドホン D8000 Pro Edition Silver